熊本大学大学院生命科学研究部 遺伝子機能応用学分野

スタッフ

Hirofumi Kai 甲斐 広文

甲斐 広文(Hirofumi Kai)
氏名
甲斐 広文
(Hirofumi Kai)
生年月日
昭和35年10月27日生
(宮崎県椎葉村)
経歴
昭和58年 熊本大学薬学部製薬学科卒業(薬剤師免許取得)
昭和60年 熊本大学大学院薬学研究科修士課程修了
昭和60年 エーザイ株式会社筑波研究所研究員(昭和62年3月まで)
昭和62年 熊本大学薬学部助手
平成2年 薬学博士(熊本大学)
平成4年 文部省長期在外研究員としてアメリカ合衆国へ(カリフォルニ大学サンフランシスコ校医学部解剖学講座および心臓血管研究所:平成6年まで)
平成8年 第一種放射線取扱主任者免許取得
平成9年 熊本大学薬学部助教授(薬物活性学講座)
平成13年 熊本大学大学院薬学研究科教授(分子機能薬学専攻遺伝子機能応用学講座)
平成15年 熊本大学大学院医学薬学研究部教授
好きなスポーツ
球技全般、特にテニス、サッカー
家族構成
妻と三人の息子と二匹のチワワ(ゴールとシュート)
学生達への思い
私が二十代に、やりたかったことをやらしてやりたい。そういう環境を与えたい。自分の人生を長い目でみつつ、一日一日を大切に、後悔のない人生を歩んで欲しい。人生における幸せは、棺桶に片足を入れて、「自分の人生後悔なし」と言って、もう片足を入れることができることと思う。
舘英雄さんの格言

舘英雄さんは、元エーザイの社員であり、全国の大学薬学部の教授と密なネットワークのあった画家です。
寄贈していただいた油絵は、薬学部の正面玄関、総合研究棟の1階のロビー、2階の多目的ホール入口を飾っています。

舘さんの油絵

舘さんの油絵

  1. 独創力とは、淡い模倣の強烈な自己展開をいう。
  2. 人生は、怠惰な自己との闘いである。でも、心や体のストレスを解き放つ武器を持て。
  3. 長生きでなく、中味の濃さに人生の意義がある。
  4. 知らなくてもよいことを知りすぎ、知るべきことを知らなすぎる。
  5. 自分の尺度を捨てると他人の尺度が分かる。他人の尺度を知って自分の尺度を作り直すと、堅実な尺度ができる。
  6. 人がすることは嫌われない程度に行い、しないことを徹底的に行えば個性が育つ。
  7. 失敗はコインの裏側で、成功はその表側だから、何度も投げてみよ。
  8. 俺がやらぬと誰がやる。今やらぬといつやれるの気概を持て。
  9. 上役が悪いから問題が起こる。但し、それを解消させるのは、下役の工夫と努力だ。
  10. 話の長さから、ボケの進行度合が測定できる。
  11. 運を運びたければ、足を運べ。
  12. 人の心は、言葉と態度と行動によって測定できる。
  13. 遊びが下手で味に鈍感なら、目標とする成果も期待できない。
  14. ケチで、楽ばかりしたがる友は避けろ。その社会的評価は最低だから。
  15. 言葉は心の響きです。
  16. 早めに成功の体験を味わえ。それが、次の挑戦への追い風になる。
  17. 涙とともに堅パンを食べたことがなければ、人生の味は分からない。
  18. 私が無駄にした今日という日は、昨日なくなった人が、必死で生きたいと願った一日です。
  19. 頭の良さよりも、人柄の良さ。
  20. 苦境や不満の中にこそ、夢が生まれる。
  21. コインを投げて裏が出ても何度でも投げてみよ、いつか必ず表が出る。
  22. 「~したのに。」というから、愚痴が出る。
  23. 自分のことより、まず相手のことを大切に思うと、信頼が生まれ本当の愛が生まれる。
  24. 頭の引き出しを増やすには,多くの読書と多くの経験。心の引き出しを増やすには、多くの親友と多くの失敗。
  25. 言い訳は、自分は守るが、相手の心を手放す。
  26. 逃げるのは簡単。でも、一歩だけ前に進むのも簡単。
研究室の仲間達のスナップ写真集
プライベート写真集

次男達のサッカーチームが九州チャンピオンとして全国に!

  • 帰りに眺めた富士山